Premium

【送料無料】サッシカイア 2018 テヌータ サン グイド(サッシカイア) 750ml [赤]sassicaia tenuta san guido(sassicaia) [サッシカイア]
【送料無料】サッシカイア 2018 テヌータ サン グイド(サッシカイア) 750ml [赤]sassicaia tenuta san guido(sassicaia) [サッシカイア]

サッシカイア 2018 テヌータ サン グイド(サッシカイア) 750ml [赤]sassicaia tenuta san guido(sassicaia) [サッシカイア]


价格: 22000円 活动对象商品
活动对象商品随时有结束的可能。敬请注意。
备考

『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』97+点!イタリアワインの最高峰「サッシカイア」フィネスと繊細さが表現された2018年
Sassicaia Tenuta San Guido(Sassicaia)テヌータ サン グイド(サッシカイア)イタリアを代表するワイン、サッシカイアはカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランのブレンドによる ボルドースタイルながら、トスカーナの明るいテロワールを感じさせる個性的なワインです。このボルドーブレンドによる高品質なワインはトスカーナを超えた 「スーパートスカーナ(スーパートスカン)」と呼ばれ、世界的なブームを引き起こしました。濃いルビー色に干しブドウのアロマ。そして新樽とフレッシュハーブの香りにスパイスのニュアンス。 飲みごたえのあるタンニンに果実の凝縮感溢れる味わい。そして、長期熟成にも耐えうるポテンシャルの高さを感じます。750mlカベルネ ソーヴィニヨン、カベルネ フランイタリア・トスカーナボルゲリ サッシカイアDOC赤本商品は下記商品と同梱可能です。「ワイン」「常温食品」他モールと在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく場合もございますのでご了承ください。エノテカ株式会社『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』97+点!イタリアワインの最高峰唯一無二のスーパートスカン「サッシカイア」フィネスと繊細さが表現された2018年サッシカイア テヌータ サン グイド(サッシカイア)Sassicaia Tenuta San Guido(Sassicaia)商品情報イタリア最高峰と讃えられるスーパートスカン「サッシカイア」の2018年!『ガンベロロロッソ』2022で最高評価トレビッキエリ、『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』で97+、『ジェームズサックリング』で97点など、今回も偉大な評価を次々と獲得しています!『ワインエンスージアスト』98点(2018ヴィンテージ)「「輝きとフィネスの全てについて、このトスカーナのアイコンワインは、香りのよい青い花と混じりあう杉、野生の赤いベリー、メントール、パイプタバコの魅惑的な香りを持っている。85%のカベルネソーヴィニョンと15%のカベルネフランで造られ、焦点の絞られたエレガントなストラクチャーの味わい、活気に満ちた風味があり、カシス、オレンジの皮、甘草、そしてピンと張った洗練されたタンニンに縁どられたコーヒーのニュアンスをもたらしている。イキイキとした酸がエネルギーとバランスを保っている。2033年までに飲むとよい。(2021年7月)」『ワインアドヴォケイト』97+点(2018ヴィンテージ)「これは50年目を祝ったイタリアのアイコンワインのクラシックなヴィンテージだ。テヌータ サン グイドのボルゲリ サッシカイア2018年は、トスカーナのティレニア海沿岸のすぐ向こうの丘に広がるランドマークのエステートの、実績が証明された見慣れた設計図を示している。このヴィンテージはクリスタルで純粋な味わいで、もし以前のヴィンテージに精通していたらこのワインをサッシカイア以外のものと間違えることはない。飲み頃2024〜2045年(2021年1月)」『ジェームズサックリング』97点(2018ヴィンテージ)「美しく、穏やかな香りと、軽いラベンダーを伴う新鮮なセージのアロマ。本当に芳しい香りだ。ミディアムカラフルボディの、しっかりとシルキーな赤で、洗練された美しい超繊細なタンニン。たくさんの青い果実とブラックベリーが続き、美しいフィニッシュへと向かう。実にタイトで洗練されている。イキイキとした酸。数年後には素晴らしい飲み口になるだろう。2017年と2016年はパワーによるものだったが、2018年はフィネスと繊細さによる。2024年以降に飲むとよい。(2021年3月)」2018年はフィネスを備えた果実味と上品な酸味を備えた、エレガントなスタイル2018年のトスカーナ州ボルゲリエリアは、春先から雨が多く降り、例年のような暑く乾燥した初夏を迎えられませんでした。しかし、7月から徐々に天候が回復、寒さと暖かさの両方を経験した年になりました。ワインは、フィネスを備えた果実味と上品な酸味を備えた、エレガントなスタイルに仕上がっています。イタリアワインの頂点として君臨し続ける偉大なワイン「サッシカイア」ワイン法の規定に収まらない“トスカーナを超えたトスカーナワイン(スーパートスカン)”として、世界中に大熱狂を巻き起こした「サッシカイア」。1994年には、イタリアでは唯一単独のワインとして「ボルゲリ サッシカイア」DOCに認定。数十年にわたりイタリアワインの頂点として君臨し続ける偉大なワインです。メドックに似た石ころだらけの畑にカベルネを植樹。先代のボルドーワイン好きが高じて誕生サッシカイアが造られる「テヌータ サン グイド」が位置するのは、ティレニア海沿いに南北に広がるマレンマエリアのボルゲリ地区。以前は軽めの白やロゼが造られていた産地でしたが、サッシカイアの誕生により一気にボルドーブレンドのワインが造られる銘醸地となりました。1944年、先代にあたる当主マリオ・インチーザ侯爵のボルドーワイン好きが高じて、シャトー ラフィットから持ち込んだカベルネ ソーヴィニョンの苗木を植えたのがサッシカイアのはじまり。「サッシ=石、カイア=場所」という名前が表すとおり、その土地はまさにボルドー、メドック地区に似た石ころだらけの畑であり、カベルネには最適の地質でした。伝説のエノロゴ「ジャコモタキス」が手掛けるファーストヴィンテージは1968年。元々は自家消費用のためだけに造られていたワインでしたが、「サッシカイア」「オルネッライア」「ソライア」を手掛けた伝説のエノロゴ、ジャコモ タキス氏が手掛けるようになり、大変な評判となり生産を拡大、1970年代になると徐々に世界的な販売を開始しました。当時は、カベルネ主体のワインは法律上原産地呼称を名乗ることができなかったためテーブルワインのカテゴリ(VdT)としてリリースされていましたが、その味わいから1980年代から90年代にかけてアメリカを中心とする世界各国で熱狂的なムーブメントを巻き起こします。そこから20年以上、サッシカイアは「元祖スーパートスカーナ」として圧倒的な存在感を放ち、現在までのトスカーナワインやボルドーワインまでにも強烈な影響を与え続けています。優雅で堂々たる品格を持つサッシカイアサッシカイアの目指すスタイルは、「フィネス、バランス、酸」を備えた古き良きボルドー。それでいて、厳格なボルドーのグランヴァンとはどこか違った、イタリアワインらしい肩の力の抜けた優雅で堂々たる品格を感じることができます。濃厚な果実を持っていても溌剌とした酸が失われることのない、みずみずしい味わいが壮大な骨格と力強いタンニンに溶け込んでいます。【受賞暦】ワインエンスージアストで98点(2018)、ワインアドヴォケイトで97+点(2018)、ジェームズサックリングで97点(2018)、デカンターで97点(2018)、ワインスペクテーターで96点(2018)、ガンベロロッソ2022でトレビッキエリ獲得(2018)生産者情報テヌータ サン グイド(サッシカイア) Tenuta San Guido(Sassicaia)世界で最も有名なイタリアワイン「サッシカイア」世界で最も有名なイタリアワイン、「サッシカイア」。サッシカイアがトスカーナの、いやイタリアワインの歴史を大きく変えたと言っても過言ではないでしょう。“小石が豊富な土地”で造られたことから「サッシカイア」と名づけられたこのワイン、トスカーナでカベルネ・ソーヴィニヨンからワインを造るなど誰も考えなかった時代、1968年に誕生しました。 ボルゲリ地区に植えられたカベルネ ソーヴィニョンサッシカイアが造られる農園、「テヌータ サン グイド」があるのは、ティレニア海に面したトスカーナ州マレンマ地方のボルゲリ地区。敷地内にはオリーブ畑や野菜畑もある広大な農園です。若いころから高貴なワインを造ることを夢見、とりわけボルドーワインを好んだ故マリオ・インチーザ・デッラ・ロケッタ侯爵。この侯爵が領土であるテヌータ サン グイドに、「シャトー ラフィット」のロスチャイルド男爵から贈られたカベルネ・ソーヴィニヨンを植えたことからサッシカイアの歴史は始まりました。1978年シャトーマルゴーを抑え、ベストカベルネを獲得し世界のトップワインに1978年、イギリスで最も権威あるワイン誌「デキャンター」が主催するブラインドテインスティングで、サッシカイアは「シャトー マルゴー」など並み居るワインが揃う中、ベスト・カベルネの座を獲得。一躍世界のトップワインとしてその名を知られることになりました。イタリアのテロワールにボルドー品種を植樹するという革新的取り組みは、当時のイタリアのDOC法には当てはまらず、「ヴィーノ ダ ターヴォラ(テーブルワイン)」のカテゴリーでしかなかった、というのは有名な話。その独自の道はその後のトスカーナワインに多大な影響を与えることになります。新しいジャンル「スーパートスカン」を確立したサッシカイア「スーパートスカーナ(スーパートスカン)」という新しいジャンルを確立したサッシカイア。1994年には「ボルゲリ サッシカイア」として、その功績からイタリアで唯一単独ワイナリーとしてDOC昇格を果たしました。サッシカイアの目指すスタイルは旧き良きボルドー。モットーは「フィネス、バランス、酸」で複雑かつエレガントな味わいを楽しめます。また、サッシカイアの隣の畑から収穫されるブドウを使い「早くから楽しめるサッシカイア」というコンセプトで造られる「グイダルベルト」、サッシカイアの3つ目のワイン、サンジョヴェーゼをブレンドした「レ ディフェーゼ」はサッシカイアを手ごろな価格で楽しめるとして高い人気を誇るワインです。
Sassicaia Tenuta San Guido(Sassicaia)テヌータ サン グイド(サッシカイア)イタリアを代表するワイン、サッシカイアはカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランのブレンドによる ボルドースタイルながら、トスカーナの明るいテロワールを感じさせる個性的なワインです。このボルドーブレンドによる高品質なワインはトスカーナを超えた 「スーパートスカーナ(スーパートスカン)」と呼ばれ、世界的なブームを引き起こしました。濃いルビー色に干しブドウのアロマ。そして新樽とフレッシュハーブの香りにスパイスのニュアンス。 飲みごたえのあるタンニンに果実の凝縮感溢れる味わい。そして、長期熟成にも耐えうるポテンシャルの高さを感じます。750mlカベルネ ソーヴィニヨン、カベルネ フランイタリア・トスカーナボルゲリ サッシカイアDOC赤本商品は下記商品と同梱可能です。「ワイン」「常温食品」他モールと在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく場合もございますのでご了承ください。エノテカ株式会社『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』97+点!イタリアワインの最高峰唯一無二のスーパートスカン「サッシカイア」フィネスと繊細さが表現された2018年サッシカイア テヌータ サン グイド(サッシカイア)Sassicaia Tenuta San Guido(Sassicaia)商品情報イタリア最高峰と讃えられるスーパートスカン「サッシカイア」の2018年!『ガンベロロロッソ』2022で最高評価トレビッキエリ、『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』で97+、『ジェームズサックリング』で97点など、今回も偉大な評価を次々と獲得しています!『ワインエンスージアスト』98点(2018ヴィンテージ)「「輝きとフィネスの全てについて、このトスカーナのアイコンワインは、香りのよい青い花と混じりあう杉、野生の赤いベリー、メントール、パイプタバコの魅惑的な香りを持っている。85%のカベルネソーヴィニョンと15%のカベルネフランで造られ、焦点の絞られたエレガントなストラクチャーの味わい、活気に満ちた風味があり、カシス、オレンジの皮、甘草、そしてピンと張った洗練されたタンニンに縁どられたコーヒーのニュアンスをもたらしている。イキイキとした酸がエネルギーとバランスを保っている。2033年までに飲むとよい。(2021年7月)」『ワインアドヴォケイト』97+点(2018ヴィンテージ)「これは50年目を祝ったイタリアのアイコンワインのクラシックなヴィンテージだ。テヌータ サン グイドのボルゲリ サッシカイア2018年は、トスカーナのティレニア海沿岸のすぐ向こうの丘に広がるランドマークのエステートの、実績が証明された見慣れた設計図を示している。このヴィンテージはクリスタルで純粋な味わいで、もし以前のヴィンテージに精通していたらこのワインをサッシカイア以外のものと間違えることはない。飲み頃2024〜2045年(2021年1月)」『ジェームズサックリング』97点(2018ヴィンテージ)「美しく、穏やかな香りと、軽いラベンダーを伴う新鮮なセージのアロマ。本当に芳しい香りだ。ミディアムカラフルボディの、しっかりとシルキーな赤で、洗練された美しい超繊細なタンニン。たくさんの青い果実とブラックベリーが続き、美しいフィニッシュへと向かう。実にタイトで洗練されている。イキイキとした酸。数年後には素晴らしい飲み口になるだろう。2017年と2016年はパワーによるものだったが、2018年はフィネスと繊細さによる。2024年以降に飲むとよい。(2021年3月)」2018年はフィネスを備えた果実味と上品な酸味を備えた、エレガントなスタイル2018年のトスカーナ州ボルゲリエリアは、春先から雨が多く降り、例年のような暑く乾燥した初夏を迎えられませんでした。しかし、7月から徐々に天候が回復、寒さと暖かさの両方を経験した年になりました。ワインは、フィネスを備えた果実味と上品な酸味を備えた、エレガントなスタイルに仕上がっています。イタリアワインの頂点として君臨し続ける偉大なワイン「サッシカイア」ワイン法の規定に収まらない“トスカーナを超えたトスカーナワイン(スーパートスカン)”として、世界中に大熱狂を巻き起こした「サッシカイア」。1994年には、イタリアでは唯一単独のワインとして「ボルゲリ サッシカイア」DOCに認定。数十年にわたりイタリアワインの頂点として君臨し続ける偉大なワインです。メドックに似た石ころだらけの畑にカベルネを植樹。先代のボルドーワイン好きが高じて誕生サッシカイアが造られる「テヌータ サン グイド」が位置するのは、ティレニア海沿いに南北に広がるマレンマエリアのボルゲリ地区。以前は軽めの白やロゼが造られていた産地でしたが、サッシカイアの誕生により一気にボルドーブレンドのワインが造られる銘醸地となりました。1944年、先代にあたる当主マリオ・インチーザ侯爵のボルドーワイン好きが高じて、シャトー ラフィットから持ち込んだカベルネ ソーヴィニョンの苗木を植えたのがサッシカイアのはじまり。「サッシ=石、カイア=場所」という名前が表すとおり、その土地はまさにボルドー、メドック地区に似た石ころだらけの畑であり、カベルネには最適の地質でした。伝説のエノロゴ「ジャコモタキス」が手掛けるファーストヴィンテージは1968年。元々は自家消費用のためだけに造られていたワインでしたが、「サッシカイア」「オルネッライア」「ソライア」を手掛けた伝説のエノロゴ、ジャコモ タキス氏が手掛けるようになり、大変な評判となり生産を拡大、1970年代になると徐々に世界的な販売を開始しました。当時は、カベルネ主体のワインは法律上原産地呼称を名乗ることができなかったためテーブルワインのカテゴリ(VdT)としてリリースされていましたが、その味わいから1980年代から90年代にかけてアメリカを中心とする世界各国で熱狂的なムーブメントを巻き起こします。そこから20年以上、サッシカイアは「元祖スーパートスカーナ」として圧倒的な存在感を放ち、現在までのトスカーナワインやボルドーワインまでにも強烈な影響を与え続けています。優雅で堂々たる品格を持つサッシカイアサッシカイアの目指すスタイルは、「フィネス、バランス、酸」を備えた古き良きボルドー。それでいて、厳格なボルドーのグランヴァンとはどこか違った、イタリアワインらしい肩の力の抜けた優雅で堂々たる品格を感じることができます。濃厚な果実を持っていても溌剌とした酸が失われることのない、みずみずしい味わいが壮大な骨格と力強いタンニンに溶け込んでいます。【受賞暦】ワインエンスージアストで98点(2018)、ワインアドヴォケイトで97+点(2018)、ジェームズサックリングで97点(2018)、デカンターで97点(2018)、ワインスペクテーターで96点(2018)、ガンベロロッソ2022でトレビッキエリ獲得(2018)生産者情報テヌータ サン グイド(サッシカイア) Tenuta San Guido(Sassicaia)世界で最も有名なイタリアワイン「サッシカイア」世界で最も有名なイタリアワイン、「サッシカイア」。サッシカイアがトスカーナの、いやイタリアワインの歴史を大きく変えたと言っても過言ではないでしょう。“小石が豊富な土地”で造られたことから「サッシカイア」と名づけられたこのワイン、トスカーナでカベルネ・ソーヴィニヨンからワインを造るなど誰も考えなかった時代、1968年に誕生しました。 ボルゲリ地区に植えられたカベルネ ソーヴィニョンサッシカイアが造られる農園、「テヌータ サン グイド」があるのは、ティレニア海に面したトスカーナ州マレンマ地方のボルゲリ地区。敷地内にはオリーブ畑や野菜畑もある広大な農園です。若いころから高貴なワインを造ることを夢見、とりわけボルドーワインを好んだ故マリオ・インチーザ・デッラ・ロケッタ侯爵。この侯爵が領土であるテヌータ サン グイドに、「シャトー ラフィット」のロスチャイルド男爵から贈られたカベルネ・ソーヴィニヨンを植えたことからサッシカイアの歴史は始まりました。1978年シャトーマルゴーを抑え、ベストカベルネを獲得し世界のトップワインに1978年、イギリスで最も権威あるワイン誌「デキャンター」が主催するブラインドテインスティングで、サッシカイアは「シャトー マルゴー」など並み居るワインが揃う中、ベスト・カベルネの座を獲得。一躍世界のトップワインとしてその名を知られることになりました。イタリアのテロワールにボルドー品種を植樹するという革新的取り組みは、当時のイタリアのDOC法には当てはまらず、「ヴィーノ ダ ターヴォラ(テーブルワイン)」のカテゴリーでしかなかった、というのは有名な話。その独自の道はその後のトスカーナワインに多大な影響を与えることになります。新しいジャンル「スーパートスカン」を確立したサッシカイア「スーパートスカーナ(スーパートスカン)」という新しいジャンルを確立したサッシカイア。1994年には「ボルゲリ サッシカイア」として、その功績からイタリアで唯一単独ワイナリーとしてDOC昇格を果たしました。サッシカイアの目指すスタイルは旧き良きボルドー。モットーは「フィネス、バランス、酸」で複雑かつエレガントな味わいを楽しめます。また、サッシカイアの隣の畑から収穫されるブドウを使い「早くから楽しめるサッシカイア」というコンセプトで造られる「グイダルベルト」、サッシカイアの3つ目のワイン、サンジョヴェーゼをブレンドした「レ ディフェーゼ」はサッシカイアを手ごろな価格で楽しめるとして高い人気を誇るワインです。
翻译
商品详细信息可在原商品页面中确认
分享
サッシカイア 2018 テヌータ サン グイド(サッシカイア) 750ml [赤]sassicaia tenuta san guido(sassicaia) [サッシカイア]『ワインエンスージアスト』98点、『ワインアドヴォケイト』97+点!イタリアワインの最高峰「サッシカイア」フィネスと繊細さが表現された2018年 | 【JChere】 "JChere"日本乐天代购转运
Top
我的账户
简体 繁体 日本語 English